この記事をシェアする

飲食店向けの予約システム徹底比較

飲食店に勤めた経験のある方は、いかにたくさんの予約情報が日々発生するかを皮膚感覚で実感していることと思います。最近では予約システムだけでなく、データ解析機能や自動リマインド機能など、能率的なデータ管理のために必要なサポート機能がどんどん拡充しており、企業側から見た選択の幅がますます広がっています。ここでは、飲食店にすぐにでも導入すべきおすすめの予約システムについて徹底比較してみました。

toretaの特徴

飲食店向けの予約システムとして根強いシェアをキープしている「toreta」。ウェブからの予約情報と連動したクラウドサーバーシステムはもちろんのこと、管理が容易な顧客名簿やウェブ台帳など、まとまった件数の顧客データを管理するのに必要なおすすめの機能がすべて搭載されています。さらに、飲食店にとってうれしいのが「お見舞い金制度」。まとまった人数の予約が一気にキャンセルされ、店舗側に損害が生じた場合、キャンセルされた金額分を補填してくれる仕組みになっています。また、電話予約の内容がリアルタイムでサーバーのほうに転送され、蓄積されていきますので、年単位でのデータ解析にも活用することができます。顧客の来店後の自動アンケート送信機能もついているため、リピーターの獲得にもつながります。

TableSolutionの特徴

従来型の顧客管理システムを大切にしつつ、ウェブからの予約比率を高めリピーターの囲い込みにつなげたいという店舗にはこちらの「TableSolution」がおすすめです。飲食店にありがちなノーショー、ドタキャンによる損害を補填する機能はもちろんのこと、ドタキャンそのものをふせぐリマインド機能など、店舗側にとっても顧客側にとっても利便性の高い必須機能を標準搭載しています。「TableSolution」を導入することで顧客ひとりひとりの予約情報や実際の予約時間を視覚的に把握できるようになり、従来のように手動で情報を入力する方式と比較して格段に作業効率が向上し、業績の安定化にもつなげることができます。リピーター率の高さは操作性が充実していることの証であり、電話予約と並行してウェブ予約を整備することで、従来の予約システムではすくいとれなかった顧客ニーズにも対応できるようになります。

ebica予約台帳の特徴

機能面での充実度はもちろん、セキュリティ面での安全性を重視したい飲食業界の方には「ebica」がおすすめです。ウェブ上の予約システムというと、データの蓄積機能や解析機能などのほうに注目しがちですが、実際の運用にあたって重視_べきなのはセキュリティ対策であり、「いかに顧客データを守るか」ということが経営の明暗を分けるとまで言われています。「ebica」ならセキュリティ対策も万全で安全ですし、専任スタッフによる24時間、365日のサポート体制が標準サービスとして付属しており、システムダウンなど万が一のトラブルにも迅速に対応し損害を最小限におさえることができます。また、「ebica」であればウェブサイトを簡単なプロセスで多言語対応にカスタマイズすることができ、今後の日本でもますます増えると見られているインバウンド需要にも柔軟に対応できると言うメリットもあります。

まとめ

数ある業種、業態のなかでも特に効率的な顧客データ管理が必要になる飲食業界。単純な予約システムだけでなく、セキュリティ対策やサポート体制、インバウンド需要への対応など顧客需要を安定化させるために必須の機能をバランスよく組み合わせることで、必要最低限のコストと労力で日常の業務を大幅に効率化することができます。