この記事をシェアする

診察予約システムとは?

PCやスマートフォンを用いて、例えば病院やクリニックのWebサイト内で診察の予約ができるというのが、「診察予約システム」です。すでに導入しているところも多く、一般的にも浸透しつつあるシステムです。では具体的にどういったシステムなのか、何をすることができるのか、導入することのメリットについてご紹介していきたいと思います。病院やクリニックも、患者のニーズに合わせてシステムが必要な時代となってきています。

診察予約システムとは?

従来の予約方法としては、受付時間内に病院に電話をかけて予約をするか、来院時に次回の予約をしておくといった方法が一般的でした。しかしそれでは、受付時間内に電話をすることが難しい人や、先の予定が立てにくい人にとっては非常に不便な手段と言えます。

その点「診察予約システム」が導入された病院では、患者がいつでもどこでも、ネット上で診察の予約をすることができるので予約しやすい状況になります。空きさえあれば当日の予約も可能なので、忙しい人にとってはありがたいシステムと言えるでしょう。

いまや高齢者でもスマートフォンを持っていたりする時代です。実際に、こういったシステムがあるか否かで病院やクリニックを選択する患者も増えてきているようです。患者を「待たせない」というこのシステム、導入することで患者数の増加が期待できることもあります。

診察予約システムの主な機能

診察予約システムの機能は様々です。病院やクリニックの特性に合わせてどのような取り入れ方をするのか選択可能なのが一般的です。主な機能として、次の3つについてご説明したいと思います。

1つ目は、「受付予約」です。予約の方法としては2種類あります。ネット上で予約を入れた順番に診察が受けられるという方法と、時間を指定して予約を入れるという方法です。両者を組み合わせて導入することもできます。2つ目は、「予約確認メール」です。予約完了時、予約日の当日や診察時間の直前等、患者のリマインダーとしての役割を果たします。形に残ることでトラブルを防ぐことにもつながるでしょう。3つ目は、「電子カルテとの連携」という機能です。予約が入ると同時に自動で電子カルテの準備をすることができれば、受付スタッフの作業効率化が実現します。

診察予約システムを導入するメリット

病院やクリニック側、患者側のメリットをそれぞれ見ていきましょう。まず両者に言えることは、待ち時間が軽減されるという点で、両者にとって大きなメリットとなるでしょう。それは「待ち時間」の心理的負担を軽減するだけでなく、院内感染のリスクが大幅にダウンするということにもつながります。その他、病院やクリニック側にとっては、患者数が把握できる、再診率が高まり患者の固定化が図れる、受付業務の効率化などといった利点があります。

一方、患者側のメリットとしては、利用しやすさということが考えられます。初診でも診察予約システムを利用できる場合も多く、初めて利用するところでも気軽に予約できます。ネット上で完結するということで、24時間利用可能な場合が多いですし、キャンセルや再度予約するのにも手間がかかりません。

まとめ

病院やクリニック、患者、両者にとってメリットの大きい「診察予約システム」についてまとめてきました。様々な施設でネットの事前予約が当たり前のシステムとして導入されつつあります。病院やクリニックにおいても、そのようなシステムの導入で得ることができるメリットは大きいと言えます。

患者数の予測が出来ていれば作業の効率かにつながり、時間に余裕ができことで質の高い診察や治療が可能になることもあるでしょう。診察予約システムは、いまの時代に求められている、病院のサービスのひとつと言えるかもしれません。