この記事をシェアする

オープンソースの予約システムはある?

オープンソースの予約システムって、どんなものかご存知でしょうか。多くの予約システムは法人向けであったり、有料であったりして、一般人は使うことができないものもありますが、オープンソースであればだれでも使用できるんです。たまにしか利用しない方や、有料版を購入する前にお試しで使ってみたいという方は必見のシステムです。では、これからオープンソースの有名予約システムをご紹介していきます。

myseat

まず、myseatというオープンソース予約システムについてご紹介していきます。myseatは「セクシーさ」をウリにしているそうです。このセクシーさ、予約システムのページが見やすいということを指していると言えます。会議室やレストランの予約で活用されています。特に、これらの部屋には誰もが使うことのできない部屋も存在し、パスワードをかけて利用者以外をブロックできるシステムも搭載されていますので、プライバシー保護にも役立っています。

また、最大数を設定しておけば、過剰な予約を防ぐこともでき、迅速で正確な使用ができるようになっています。予約の結果をグラフにしたり、コメントを残したりする機能など、日々記録を付けておいて将来に生かす便利なツールもあります。エクセル形式にも変換できますので、保存しやすいのが魅力的です。

GoMocha

次にご紹介するGoMochaは他のシステムと少し異なり、テイクアウト専門のシステムです。最初に名前を入れる部分があります。こちらは本名ではなく、ニックネームなどでも可能なようです。ユーザー登録ではありませんので、安心して匿名で使用が可能な点も魅力的ですね。次に、予約したいお店を選択します。カフェでの注文などに使われることが多いGoMochaは、見やすいレイアウトなので希望のものをすぐに見つけることができます。

最後に受け取りの時間を選択し、交通手段を選ぶ部分もありますので設定します。注文の確認をして、無事に予約完了です!予約の履歴も確認できますので、間違っていないかをチェックできるのもありがたいポイントです。支払いはクレジットカードのみですので、間違えないように気を付けてください。

Timegrid

最後に、Timegridというオープンソース予約システムについてのご紹介です。シンプルなレイアウトとシステムですが、活用方法を選べばとても使いやすくて便利なシステムとなっています。まず、Timegridにログインをしましょう。簡単な登録さえすればすぐにログインできますよ。ログイン後は、予約をする側か予約を受ける側かを選択します。

予約する側であれば、画面に沿って予約したい内容を選んでいくだけなので、手軽に予約できます。最後にメールアドレスさえ入れてしまえば完了という迅速さが売りになっています。また、予約を受ける側であれば、予約を受ける時間帯や曜日を最初に設定します。あとは、予約を管理しながらさばいていくだけです。簡単でシンプルなTimegridは、習い事など時間や曜日がある程度決まっているものに使うことをおすすめします。

まとめ

オープンソースの予約システムの様々な特徴と、それぞれの便利さについて解説をしてきました。見やすいレイアウトのmyseat、テイクアウト専門のGoMochaや、シンプルなTimegridなどを見てきましたが、皆さんの使いたくなるシステムはありましたか?従来の予約システムとは異なり、万人向けのシステムですので、誰でも簡単に使えるのがオープンソースの魅力です。もし気になったものがあれば、ぜひ一度ご利用してみてくださると幸いです。