この記事をシェアする

レンタカーを予約システムで管理しよう

日々、膨大な件数の予約が発生するレンタカー業界。1回あたりの利用日数、移動距離などがその都度異なるため、ネットワーク上の予約システムを利用しなければ配車ミスなどのトラブルが多発してしまいます。レンタカーの安定した配車サービス、そして顧客目線に立ったユーザビリティの高い予約システムの構築に不可欠なレンタカーの予約システムのメリットについてくわしく掘り下げていきます。

レンタカーを借りる人から見る予約システムのメリット

ユーザー目線で考えた場合、レンタカーが必要になるシチュエーションといえば、長期の旅行や出張です。特に予期せぬ出張となると短時間のうちに車を手配しなくてはならず、出張の準備と合わせると相当な手間と労力になります。そのような意味でも、たとえばウェブサイトやアプリからワンタッチで車の手配ができるシステムが出来上がっていれば、わざわざ配車センターに電話することなく少ないプロセスで希望の車を手配することができ、非常に効率的です。

また、ウェブサイトやアプリ上で車の空き状況が確認できるのも予約システムの大きなメリットといえます。空き状況などの情報はリアルタイムで更新されていきますので、営業時間外であっても希望の車が手配できるかどうかを24時間どこにいてもすぐにチェックすることができます。もちろん、希望の車が空いていれば予約システムからその場でリザーブすることも可能です。

レンタカー業者から見る予約システムのメリット

レンタカーの業者から見てもネットワーク上の予約システムをととのえることにはいくつかのメリットがあります。第一のメリットは、潜在顧客を囲い込むことができることです。「出張や旅行などで車を手配したいけれど、業者に直接電話をするのが苦手だから結局予約できない」という潜在顧客に利便性というキーワードで訴えかけることでインセンティブを設定し、リピーターにつなげることができます。

また、予約システムから入った顧客情報はデータベースに蓄積されていきますので、長期的なスパンで顧客ニーズの動向などを解析することができます。予約システムによって車の配車状況が視覚的に確認できますので、配車ミスや予期せぬダブルブッキングなど、合ってはならないトラブルをあらかじめ取りのぞくことができ、結果として潜在顧客を増やすことにもつながります。

クラウド型サービスで費用削減が可能!

レンタカー業界でも、クラウド型サービスが予約システムの主流になりつつあります。クラウドサーバーとシステムを連動させることによって顧客データを意味のあるビッグデータとして管理できるようになり、1日あたりの顧客管理はもちろん、長期的なスパンでのマーケティングや顧客ニーズの把握などに役立ちます。

クラウドサーバーに蓄積された情報はメインのPCサーバーだけでなく、IDとパスワードによって紐づけされた携帯端末から簡単に確認することができるため、社員全員で必要な情報を共有することができます。さらに、クラウドサーバーを管理システムのメインに据えることでトータルの運用コストの大幅な削減につながり、業務のスリム化と効率化を同時期に実現させることが可能になります。クラウドサーバーにもいくつかの種類がありますので、月額コストや機能面を比較したうえで業態に合ったツールを選択しましょう。

まとめ

業者にとってもユーザーにとってもメリットの大きいレンタカーの予約システム。すべての予約データをネットワーク上で一元的に管理することによって日々の顧客データをまとまったリソースとして利用することができ、潜在顧客やリピーターの獲得につながります。クラウドサーバーとシステムを連動させることによってデータの解析がよりしやすくなりますので、ぜひシステムの導入を御検討ください。