この記事をシェアする

トラックの予約システムを比較

皆様の中に、トラックの予約を扱いたいという方はいらっしゃいますでしょうか。実は最近、トラックの予約はかなり需要があるのです。ここでは、どうしてそんな状況なのか、またどんな問題点が指摘されているかなどを分かりやすく解説していきます。また、現在よく使われている人気のトラックの予約システムについてもご紹介していきますので、皆様がシステムを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

トラック予約システムが活発になっている背景

昨今、トラックの予約システムが活発になっているのには様々な理由がありますが、一番よく指摘されるのは、輸送する量が以前よりも絶対的に増えたからだという点です。日本国内での発送だけでも従来よりも爆発的に輸送数が増え、海外にも進出する会社もあるくらいです。輸送網が確立したからだという理由もあるのですが、ネットショッピングなどの発展もあり、トラックでの商品輸送が年々増加しています。

しかし、そこには問題点も存在しています。それは、運転手の荷物の積み込み待ちなどの無駄な時間が発生してしまったり、物流拠点にトラックが集中してしまったりすることです。このような状況では円滑な輸送業務に取り掛かることができず、輸送時間の増加やドライバーの労働環境が悪化するなど、様々な問題が指摘されていることを知っておかなければなりません。

トラックバース

そんな問題点を解決しうる予約システムのうち、まず「トラックバース」をご紹介します。トラックバースは、ドライバーの長時間待機などから引き起こされる労働環境の悪化に待ったをかける、画期的なシステムと言っても過言ではありません。その理由の一つ目は、ドライバーが荷物の数や形態をこのシステムに登録することで、荷卸しや検品作業が効率的に行われるからなのです。

荷物の積み込みの際に発生する無駄な時間を削減できますので、物流拠点に到達したら、迅速に積み込みを行い、すぐに輸送することができます。また二つ目の理由として、このシステムはスマートフォンから使用できますので、簡単にドライバーさんが使えるのも魅力的です。システムの導入もクラウド経由のシステムなので、簡単に始められ、すぐに活用できます。

大塚倉庫のトラック予約システム

他にも便利な予約システムがあります。大塚倉庫のトラック予約システムでは、荷卸しをネット予約することで、ドライバーの待機時間削減につながります。従来では、何時にどんな荷物が届くのかが不明であったため、その場で判断をしなければならないという難しい状況がありました。しかし、予約システムを利用することで物流拠点に集中しすぎることなく、スムーズな輸送を可能にしてくれます。

また、簡単に荷卸しなどの予約を確認できるので、計画的な出荷・配送を行なうことができ、問題点とされがちなドライバーの待遇改善が見込めます。また、AIが配送ルートの提案を行ってくれるので、的確な指示のもと、正確に輸送することができます。システムもシンプルですので、どんな方でも使えるというのも重要な点ですね。

まとめ

ここまで、予約システムについてご紹介してきました。システムの発展の経緯から、現状で報告されている問題点をご説明し、それらを解決するシステムを運営するトラックバースや大塚倉庫のトラック予約システムの特徴をご説明しました。皆様が利用したいと思える点はありましたでしょうか。トラックの輸送をよく行うという方は、効率化とドライバーの待遇改善が見込めますので、システムの利用についてぜひご検討ください。