この記事をシェアする

【初心者向け】WEBの集客方法を解説

昨今では、企業などの集客方法が変わってきていてテレビや雑誌、チラシ広告などの媒体もまだまだ強いですが、徐々にインターネットを活用したさまざまなWeb集客も注目されてきています。上手く活用することができれば、幅広い層の顧客を獲得することができ、他の媒体よりも効果的かもしれません。そこで今回はあまりインターネットに慣れていない方でも簡単に理解できるように初歩的な部分を解説します。それではより効果的に顧客を集めるための方法や種類を見ていきましょう。

Web集客とは?

Web集客は、簡単に言ってしまうとWeb上でお客様となりうる人(ユーザー)を集めることです。企業などが自社の商品やサービスを知ってもらって販売に繋げます。検索サイトや動画サイト、SNSなどは全てWebサービスで、このサービスを上手に活用していくのです。他の媒体との大きな違いはユーザーが自発的に行動を起こさなければ見てもらうことができない点だと思います。

テレビや雑誌などでは一方的に広告が流れてきて、それをなんとなく眺めることが多いですが、Webの場合は少しでも気になるものを自ら見に行くという行動を起こします。そのため、多少なりとも商品やサービスに興味を持っている人が閲覧しますので、なんとなく見ているものよりは販売に繋がる確率が高く効率的と言うことができるのではないでしょうか。

Web集客の種類

Web集客には種類が多数あり、特徴もさまざまです。種類を大きく分類すると、検索エンジンからの集客、SNSからの集客、広告からの集客、外部サイトからの流入、直接流入の5つに分けることができます。検索エンジンからの集客は、ユーザーの自然検索によるサイトの訪問です。SNSからの集客は文字通りSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した方法で、広告からの集客は各種広告をクリックしてもらって、そのクリックごとに課金されます。

外部サイトからの流入は他のサイトからリンクを得ることで、直接流入はブックマークからの流入です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、特性を活かした活用をしていきましょう。自社にふさわしい集客方法を正しく選択できるかどうかが成功の鍵となると思います。

すぐに成果を出したい場合どの集客方法が良い?

上でも説明した通り、Webでの集客にはさまざまな種類があり、それぞれに良いところと悪いところが存在します。本来ならばそんなメリットデメリットをしっかりと把握した上で自社の特性に合った方法を見極めることが大切ですが、短期間でわかりやすく成果を出したい場合にはやはり有料の広告を利用することが良いのではないでしょうか。

特にリスティングの検索広告を利用すれば、ピンポイントであなたの会社の商品やサービスを探しているユーザーにサイトを見てもらえる可能性が高くなるのです。そのようなユーザーに興味を持ってもらうことができれば、新しい顧客を獲得することが出来るでしょう。ただし、有料広告利用だけでは限界がありますので、ある程度の成果が出たら自社の商品やサービスに興味がない層にまで広告を配信できるようにしていき、幅広い顧客を獲得していってください。

まとめ

簡単にWeb集客について解説しましたが、細かく分ければ種類はまだまだ存在し、これからも需要とともに増加するかと思います。会社の特性をよく分析して見ていくと、即効性のある方法は会社ごとに違うはずです。今回は初心者の方でも始めやすい方法で、一般的に早く成果を出すことができると思われる方法をご紹介しました。慎重に進めたい方は会社に合った方法をじっくりと見極めてください。あまりコストのかからない方法から始めてみると良いのではないでしょうか。