クラウド型予約システム徹底比較

英会話スクール向けおすすめの予約システム6選!

公開日:2022.06.22 更新日:2022.06.02
英会話スクール向けおすすめの予約システム6選!

店舗経営の効率化を図るのに有効なツールとして、予約管理システムがあります。
それは、英会話スクールでも同様です。

「予約・顧客管理に時間が取られてしまう」「事務作業の効率化を図りたい」とお考えのスクール運営者さまも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、予約システムのメリットや必要な機能、選び方を解説します。
数々のシステムを比較し、厳選したシステム6選もまとめていますので、参考にしてください。

 

英会話スクールに予約システムの導入がおすすめの理由

今や多くの英会話スクールにおいても、予約システムが活用されています。
いかにシステムが有効なのか、おすすめの理由を解説します。

レッスン予約・振替管理の効率化が図れる

英会話スクールで導入すると、レッスンの予約や振替にかかる業務がスムーズになります。

英会話スクールの場合、レッスンの予約受付だけでなく、レッスンの振替対応も少なくありません。

また予約自体も、毎週固定の場合もあれば、フリースタイルでレッスンをしている場合もあります。
生徒さんによって受講スタイルが異なると、予約管理業務が煩雑になりがちです。

また小規模なスクールでは、受付対応のスタッフを常駐させることが難しいケースも多く、レッスン中で電話応対ができないこともあります。
メール対応の場合も、予約や振替の調整に複数回やり取りが必要になることもあり、事務作業に時間がとられてしまいます。

システム上で予約・振替受付および管理ができるようになれば、大幅な効率アップが期待できます。
これは、スクール運営側だけでなく、生徒さんにとっても予約が取りやすい点でメリットが大きいといえます。
手動で管理している場合と比較すると、ダブルブッキングや入力間違いなどの人的ミスも抑えることが可能です。

生徒さんごとの支払い管理・売上管理がしやすくなる

レッスン料の管理がしやすくなるのも、システム導入のメリットです。

生徒さんによって受講スタイルが違えば、レッスン料も異なります
小規模のスクールでは、手渡しでレッスン料のやり取りをしているケースも少なくありませんが、受取やその確認をするのは、スクール運営者、生徒さんともに手間がとられるものです。

互いに、つい忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。
最近のシステムでは、予約時に事前決済したり、個々の生徒さんに応じて月額決済したりできる機能が備わっているものが多くなっています。
売上管理が容易になるうえ、予約キャンセルの減少にもつながります。

スクール運営者・生徒さんともにスケジュール管理が簡単になる

レッスンスケジュールの管理が簡単にできるのも、おすすめの理由の一つです。

英会話スクールでは、管理すべきデータが多岐にわたります。
講師や生徒さんの情報、レッスンの日時、料金など、さまざまなパターンがあるため、スケジュール管理をすべて手動で行うのは困難です。

生徒側も、レッスンの日時を自身で管理したり、振替の相談をしたりなど、面倒に感じる方も少なくありません。

そこで予約システムを活用すると、運営者・生徒さんともに、スケジュール管理がしやすくなります。
英会話スクールや教室では、体験レッスンを設けていることが多いので、通常レッスンと併せて管理できると、スケジュール管理がよりスムーズになります。

体験教室向けおすすめシステムについては、以下をご確認ください。

生徒さんへのフィードバック・講師間での情報共有に役立つ

生徒さんの情報やレッスンの進捗が予約システムで管理できると、それを次回のレッスンで活かすことが可能です。

予約状況や受講スタイルによっては、毎回講師が同じでない場合もあります。
すると、レッスンの引継ぎに手間がかかったり、うまく引継ぎできていなかったりといった問題が発生します。

システム上で、レッスン情報が管理できるようになると、講師間で引継ぎしやすくなるほか、生徒さんへのフィードバックにも役立てられます。
生徒さん一人一人に対してきめ細かな対応ができるようになり、受講者の満足度向上にも貢献します。

生徒さんへの連絡がスムーズになる

連絡ツールとしても、予約システムは有効です。
英会話スクールでは、生徒さんへの連絡事項は多岐にわたります。

  • 予約日時の案内
  • 振替に関するやり取り
  • レッスン費用について
  • 休講のお知らせ
  • イベント・キャンペーン情報など

このような連絡事項を、生徒さんごとに電話・メール対応していたのでは、多くの時間や手間が取られてしまいます。
さらに連絡漏れのリスクも高まります。

システム上でレッスン費の確認ができたり、連絡事項が確認できたりすると、生徒さんとのやり取りがスムーズになります。

 

英会話スクールに必要な機能は?

各社さまざまな機能が提供されていますが、機能の多さが利便性に直結するわけではありません。
運営する英会話スクールにとって必要な機能に絞ったほうが、むしろ講師やスタッフ、生徒さんにとっても使いやすくなると考えられます。

ここでは、一般的な英会話スクールで使われる主な機能を5つ取り上げます。
以下を参考にしていただき、運営スクールにとって必要な機能は何か比較検討してください。

受講・予約振替管理

英会話スクールでまず不可欠なのが、受講・予約振替機能です。

予約受付可能な日時や、定員数をシステムに登録しておくことで、自動で予約の登録・管理ができるようになります。
自動化することにより、予約管理に割くリソースが減らせたり、ダブルブッキングなどの人的ミスが防げたりします。

生徒側も、欠席の連絡や予約振替の調整にかかる手間が省けます

月謝管理

月謝管理の機能もあれば、より効率的なスクール運用が実現可能です。
生徒さんごとに計算したり、集金したりといった労力が不要になります。受取確認や、お釣りを準備する必要もありません。

レッスン料や支払い状況がすぐに確認できるので、事務的な対応もスピーディに行えます。
受講システムや受講料金がさまざまな英会話スクールでは、重宝する機能の一つです。

チケット繰り越し

スクールのスタイルによっては、チケット繰り越しに対応できる機能もあれば便利です。

英会話スクールでは、月謝制のほかにチケット制を採用している教室も多いかと思います。
両方の管理に対応していると、受講スタイルの変更があったときなども安心です。

未消化チケット数の確認、繰り越し管理が容易になれば、スクール側・生徒側の双方にとって使いやすい予約システムとなります。

生徒さんのマイページ

英会話スクールでは、生徒さんごとのマイページ機能も活用したいところです。

レッスンの予約状況や月謝について、さらに授業の進度が確認できる機能だとよりおすすめです。
レッスン終了後に、講師がレッスン記録やアドバイスを記入すると、生徒さんのモチベーションアップにつながり、生徒さんの定着率向上にも効果的です。

運営者や講師側としても、受講状況の確認や授業の引継ぎ、生徒さんへ受講の計画や促進するのに役立てられます

メール配信

メッセージ機能も、メリットが大きい機能の一つに挙げられます。

スクール・生徒さんとの連絡ツールとして利用すると、電話やメールに係るやり取りが削減できるだけでなく、営業活動にも役立ちます。
新しい教材や、新設するコース、お得なキャンペーンの案内を即座に配信できるためです。

連絡ツールをシステムで一元化すると、個別対応もしやすくなります

 

予約システム選びのポイント

運営するスクールに導入したい機能をある程度絞り込んだら、いよいよ予約システムを比較する段階です。
各社提供している機能は充実しているので、選定基準を定めておくとスムーズです。
ここでは、システム選びで大切なポイントを4つ紹介します。

必要な機能の有無

前述した機能を中心に、スクールにとって必要な機能があるかどうか確認しましょう。
機能の詳細まで把握する必要があります。

同じ「予約機能」でも、同日時の予約限度枠が設定できるのか、講師の指名制を採用できるのかなど、対応可能な内容は異なります
授業スタイルや各スクールの運用システムにマッチした機能選びが必要です。

また、例えばコロナ禍においては、オンラインレッスンの需要が高まっています。
それを受けて、オンラインでの授業を実施したりその管理を行ったりと、柔軟な対応ができるのかも重要です。

生徒さんのニーズに応えられるようなシステムを活用したいところです。
なお、オンラインレッスンを実施している、導入を検討している場合は、以下の記事もぜひご覧ください。

対応デバイス

PC以外のデバイスにも対応しているシステムがおすすめです。

従来はPCでの管理が基本でしたが、スマホやタブレットにも対応しているシステムが増えています。
例えば、タブレットで予約管理を行えば、導入費用を抑えられることがあります。

複数のデバイスで管理できれば、より効率的な運用が実現します。

また生徒側も、スマホで予約したりオンラインレッスンを受講したりできると、場所を選ばず利用可能となり便利です。

ただし、スマホに対応しているものの、PC操作を想定して設計されたシステムがあるのも事実です。
「スマホ・タブレット対応」を謳っているからと決めてしまうのではなく、システムを比較する際は、実際の操作性も確認しましょう。

予約システムの操作性

予約システムの機能を活用し、その効果を得るには、操作性の高さが重要となります。
管理者、生徒さんともに使いやすいかどうかをチェックしましょう。

予約システムを導入したにもかかわらず、便利な機能を活かしきれていない英会話スクールも少なくありません。
上手く活用できなければ意味がありませんし、使いにくい機能はどんどん使われなくなっていきます。

予約をとったり振替したり、といった作業すら手間に感じるようだと、生徒さんの満足度にも影響します。
システムのメリットを活かして業務効率化を図るためにも、直感的な操作ができるようなものを選択しましょう。

システム利用料

スクールを運用するにあたっては、システム利用料を比較しながら検討する必要があります。
初期費用や月額費用、オプションプランの有無などを確認しましょう。

0円で利用できるシステムも多くありますが、その場合は期間や利用できる機能に制限があるので、どこまで無料で使えるのかきちんとリサーチしておきましょう。

まずは予約システムがどんなものか使ってみたい、といった場合には、無料プランやお試しの体験期間をうまく活用すると良いでしょう。

多言語対応

講師や生徒さんが日本人だけでない場合や、複数言語のレッスンを取り扱っている場合には、多言語対応しているシステムが重宝します。

スクールの運営者だけでなく、講師もシステムを利用する機会が多いなど、ニーズに応じて多言語機能の必要性について検討するとよいでしょう。

 

英会話スクールにおすすめの予約システム6選

さまざまなシステムを比較して、おすすめ6つを厳選しました。
ここでは、なぜ英会話スクールに向いているのかといった観点で、それぞれの特徴や主な機能、システム利用料を紹介しています。

さまざまなスクール・レッスンにおすすめのシステムについては、こちらをご確認ください。

ResKa(レスカ)

ResKa

ResKaはクラウド型予約システムです。
予約状況と生徒さんの登録情報が一元管理できます。

必要な情報のみを記録できるうえ、写真などの取り込みも可能です。

英会話スクールでは、生徒さんの年代もさまざまなうえ、受講スタイルも異なるので、情報管理が煩雑になりがちです。
ResKaで一元管理することにより、生徒さん一人ひとりに対して、きめ細かな対応ができるようになります。

PC・タブレット・スマホなど、さまざまなデバイスに対応しているので、管理者・生徒さんともに場所を選ばず利用できるのもメリットとして挙げられます。

システムReska
特徴予約と顧客情報を一元管理

顧客情報がカスタマイズできる

各種デバイスに対応

主な機能予約管理

顧客管理

複数店舗管理

CSV形式のデータでアップロード

など

システム利用料(税込)【プラン(月額)】

■Plan A:27,500円

■Plan B:33,000円

■Plan C:44,000円

※無料お試しプランあり(1カ月)

公式HPhttps://reska.marespera.co.jp/

SELECT TYPE(セレクトタイプ)

SELECT TYPE

SELECT TYPEは、「予約システムがどんなものか使ってみたい」といった方におすすめ
というのも期間無制限で利用できるフリープランがあるためです。

また、教室向けのテンプレートがあったり、さまざまな予約スタイルに対応しやすかったりなど、英会話スクールでも導入しやすいシステムといえます。
多言語対応しているのも特徴です。

システムSelectType
特徴複雑な予約スケジュールに対応

テンプレートが豊富

期間無制限の無料お試しプランあり

主な機能授業・イベント予約

スタッフ指名予約

キャンセル待ち予約

多言語対応

オンライン決済

など

システム利用料(税込)【プラン(月額)】

■ベーシック:1,650円

■プロフェッショナル:3,300円

■プレミアム:11,000円

■フリー:0円

公式HPhttps://select-type.com/

RESERVA Reservation

RESERVA Reservation

RESERVA(レゼルバ)は、登録事業者数200,000社超という実績あるシステムの代表です。
すでにさまざまな業種での運用実績があるので、安心して利用できます。

PC・タブレット・スマホなどで利用できるうえ、 Zoom等の外部サービスと連携可能なのが特徴です。
オンラインレッスンをしているスクールでも活用しやすいシステムといえます。

操作性が良く、すぐにシステムの利用がスタートできるのもポイントです。

システムRESERVA
特徴複数デバイス対応

外部サービスとの連携

シンプルな操作性で、3分で設定完了

主な機能顧客・会員管理(CRM)

キャンセル待ち受付

自動メール・メルマガ配信

Zoom連携

オンライン決済

など

システム利用料(税込)【プラン(月額)】

■シルバー:5,500円

■ゴールド:11,000円

■エンタープライズ:22,000円

■スイート:55,000円

■フリー:0円

公式HPhttps://reserva.be/

FreeLesson(フリーレッスン)

FreeLesson

FreeLessonは、スクール専用に作られたシステムです。

予約・キャンセル受付締切機能や講師の指名機能、キャンセル待ち機能、決済機能など、スクール運営の業務効率を測るのに不可欠な機能が完備されています。

予約リマインドメールやメルマガも配信できるので、あらゆる事務作業の手間が省けます。
マイページ機能もあるので、生徒さんにとっても使いやすいシステムとなっています。

システムFreeLesson
特徴・スクールに特化している

・情報共有しやすい

・さまざまなレッスンスタイルに対応

主な機能予約/キャンセル受付締切

指名

マイページ

メルマガ配信

決済

システム利用料(税込)【初期費用】

■月謝:0円 (無料キャンペーン中)

■プロ:132,000円

■スイート:330,000円

【プラン(月額)】

■月謝:11,000円

■プロ:33,000円

■スイート:132,000円

公式HPhttps://free-lesson.jp/

SuperSaaS(スーパーサーズ)

SuperSaaS

SuperSaaSならではの魅力は、多言語対応している点です。
33種類の言語、26種類の通貨に対応しています。

英語だけでなく複数言語のレッスンを行っているスクールや、さまざまな国籍の人が集まるスクールに最適です。

そのほか、FacebookやGoogleカレンダー、PayPal、Zoomなど、外部ソフトウェアやアプリと連携しているのも特徴として挙げられます。
そのため、オンラインでスケジュール確認したり決済したり、さらにオンラインレッスンが受講できたりします。

システムSuperSaaS
特徴豊富な利用プラン

外部ソフトウェアやアプリとの連携

多言語対応

最低契約期間が1か月単位のため、単発イベントにも使用可能

主な機能予約確認とリマインダー

オンライン決済

カスタマイズ

レポーティング

Webサイトとの連携

など

システム利用料(税込)【プラン(月額)】

■PACKAGE A

:750円

■PACKAGE B

:1,500円

■PACKAGE C

:2,250円

■PACKAGE D

:3,000円

■PACKAGE E

:3,750円

■無料版:0円

公式HPhttps://www.supersaas.jp/

WTE(ワールドトークエンジン)

WTE

WTEは、オンライン英会話スクール「 ワールドトーク」を運営するライトアップ社が提供するシステムです。
そのため、オンラインスクールを運営している方には最適といえます。

オンラインではなくても、予約機能が豊富であらゆるスクール形態に対応できるのが特徴です。

また、スクール運営のノウハウ共有や運営に関する相談が可能な、無料ウェビナーが毎月開催されています。

システムWTE
特徴オンラインスクールに特化

予約管理機能が豊富

ノウハウ共有

主な機能会員・講師マイページ

予約管理・設定

決済

メッセージ送信

レッスン進捗報告

など

システム利用料(税込)要問合せ
公式HPhttps://pr.wte.jp/