クラウド型予約システム徹底比較

飲食店に最適な予約システム5選!低コスト簡単導入・無料も紹介

公開日:2023.01.26 更新日:2023.01.26

新型コロナ感染症が流行している昨今では、三密を避ける感染対策が続いています。
飲食店でも予約が主流となっているため、お店の予約ができないと来店を諦めてしまうお客様も多いです。

今や、業務の効率化とオンライン予約を実現できる予約システムは飲食店に必須といえるでしょう。
本記事では導入のメリットや選び方、小さな店舗でも手軽に始められる予約システムについてご紹介していきます。

飲食店全般の予約によくあるお悩み

飲食店では予約業務が集客に重要な役割を果たしています。
予約の機会損失をいかに防げるかで来客数や売上が変わってくるのです。

ここでは、どのような課題があるのかをご紹介します。

オンライン予約ができないと機会損失になる

飲食業界は、コロナ感染症の影響を最も受けたといっても過言ではない業界です。
感染症対策のための三密回避や黙食の徹底など、様々な変化がありました。

そのような社会の変化の中で、飲食店へのアクセスはオンライン予約が主流になってきています。
そもそも予約ができない飲食店は、お客様が来店を諦めてしまうケースもあるのです。

電話対応に手がかかり業務に影響が出る

予約管理システムが未導入の飲食店では、電話対応に時間を取られがちです。

特にスタッフの人数が限られている小規模な店舗では影響が大きく、電話対応に時間を取られ業務が滞ることによって、お客様に充分なサービスの提供ができなくなります。

結果としてお客様の感じる満足度が下がるため、リピーターの減少を引き起こしてしまうのです。

ダブルブッキングのリスクがある

ダブルブッキングを起こすと、お客者にサービスを提供できなくなってしまいます。
お客様の期待を裏切る事態になりかねませんので、絶対に避けなければならないトラブルです。

予約管理システムが未導入の飲食店では手作業で情報を記録していることが多いのですが、こうしたリスクを完全に排除できない点が、手作業の大きな問題と言えるでしょう。

予約キャンセルを防止できない

無断キャンセルのトラブルは多く、飲食店を経営する上で深刻な問題のひとつです。
電話予約しかできない店舗では、急なキャンセルをされても対応ができません。
大人数での予約が無断キャンセルされてしまった場合、数十万円単位の損害が出るケースもあります。

予約管理システムの導入は、こうした事態を予防するための対策としても有効です。
事前決済であれば、キャンセル手続きをしないと代金は返金されません。
無断キャンセルをされてしまった場合でも代金を回収することができるため、損害を最小限に抑えられます。

業務に追われ、集客できない

飲食店にとって集客は売上を上げるための重要な戦略です。
特に地元に密着したお店であれば、集客をしっかり行えば行うほど大きな効果が出ることが期待できます。

日々の営業に追われていると、新たなマーケティングを一から考える余裕もありません。

その上、顧客情報が整理されていなかったり、統計を取るのに時間がかかったりすることも多く、手作業では効率よく集客を行うことが難しいでしょう。

飲食店全般における予約システム導入の効果

飲食店に予約システムを導入することは、業務の効率化以上にメリットがあります。

24時間いつでも予約可能

ネット予約ができるシステムなら、24時間いつでも予約対応が可能です。

営業時間外や今すぐ空き状況を知りたい場合など、自由な時間にアクセスできる環境が整っていることはお客様にとってとても使いやすいため、機会損失を防げるでしょう。

予約業務を効率化・簡略化できる

予約システムを導入すると、予約受付や変更・キャンセルが自動で行えるようになります。

人の手が必要になる業務が減るためお客様へのサービスに注力することができ、お客様満足度を上昇させることにつながります。

また、煩雑な予約業務を特定のスタッフだけが行っていた場合、システム導入で業務内容が簡略化することで誰でも簡単にその役割をこなせるようになります。

事前決済やリマインダー機能が使える

事前決済ができる予約システムなら、キャンセル防止に効果的です。
これまで急なキャンセルや無断キャンセルが多かったお店ではかなり重宝するでしょう。

他のITサービスなどでは、決済機能は同じシステムで管理できないことも多いです。
予約システムならフリープランで決済機能をつけられるものもあるため、比較的容易に利用できます。

他のキャンセル防止対策として、前日に来店案内のメールを送るリマインダー機能があります。
メールを送ることで予約忘れを防ぎ、遅刻や時間の間違いによるダブルブッキングや混雑を避けられます。

データ分析ができ集客の戦略が立てられる

顧客情報管理も一括でできる予約システムであれば、データ分析に活かすことができます。
分析自体を行ってくれるシステムも多く、簡単な統計をとることが可能です。

マーケティングの下準備であるデータ分析が簡単にできるので、時間がない方でも集客や新たな戦略を立てやすくなります。

また、分析によってお客様のニーズが分かって改善されると、サービス向上になり顧客満足度も上がります。

各飲食店に必須!予約システムに欲しい機能や選び方

予約システムには業種や会社の規模、扱う情報などによって、それぞれ役立つ機能が異なります。
ここでは、さまざまな飲食店で必要な予約システムの機能や選び方について解説します。

レストラン

レストランに必要なのはデータの一括管理機能です。
レストランには幅広いお客様が訪れるため、数多くの予約方式を用意しておく必要があります。

ネットも電話も取り入れたい場合に、どちらもリアルタイムでシステム上に同期されるものなら手間なく管理できます。

他にはリピーター強化するのもレストラン経営には必須です。

チェーン店やテイクアウトのお店と違い、たくさんのお客様を一度に受け入れられないレストランにとって、集客は難しい課題といえます。

リピーター強化には、お知らせやお得な情報を届けるメルマガやDM機能が最適です。

 

パン屋

パン屋で予約システムは必要?と思われるかもしれませんが、テイクアウトの取り置きや予約に最適なのです。

今までも、電話でパンの取置きをお願いされるケースが多かったお店では、予約システムを使うことで大幅な業務削減ができるでしょう。

そんなパン屋で取り入れたい予約システムは、顧客情報管理機能です。
地域密着系であるパン屋ではリピーターが多いです。
毎回同じお客様がパンの予約をされる場合は、顧客情報を登録しておくことで予約を取る際もスムーズになります。

また、PCだけでなく多様なデバイスで利用できるとよいでしょう。

立ち仕事であるパン屋の営業中に、いつでもどこでも予約状況の確認ができれば、わざわざ所定の位置に戻る必要なく、効率よく業務を続けながら予約を受けられます。

 

ケーキ屋

ケーキ屋の予約システムは操作や管理が簡単なことが重要です。
ケーキ屋で働くスタッフはアルバイトの人も多いです。

また、スタッフの入れ替わりが頻繁であることも多く、業務内容は簡潔でないと間違いやミスの元になります。
誰でもすぐに使える簡単で操作性の高いものがおすすめです。

カスタマイズの自由度にも注目してください。
ケーキ屋の予約形式は時間枠での予約ではありません。

受け取り日時、商品名、個数、ラッピングやロウソク・プレートの有無、支払い方法など、お客様ひとりひとりで予約情報が異なります。

それらを全て管理できる予約システムを使うには、顧客情報管理機能の他、カスタマイズが自由に変更できることも重要です。

 

テイクアウト

テイクアウト事業の場合、予約システムは非常に重要な役割を担います。
テイクアウトは分単位の予約のため、細かい時間設定が必要です。
そのため、予約枠変更の自由度が高いものを選びましょう。

クーポン発行機能はお得感を上げるのに効果的です。
また、SNSとの連携ができれば集客も効率的に行えます。
新商品をアップしたりお得な情報やイベント告知をしたりと、一度にたくさんのお客様を対象とすることができるでしょう。

 

飲食店全般で最適!おすすめの予約システム5選

ここでは飲食店全般において最適な、必須条件を兼ね揃えたおすすめの予約システムをご紹介します。

Reska(レスカ)

ResKa

ResKa

Reskaは、予約と記録をワンストップで管理できる、予約と顧客情報管理に特化したシステムです。
電話予約・ネット予約どちらにも対応しているので、従来の予約体制を崩すことなくシステム化を実現できます。

あらゆるデバイスからアクセスでき、直感的操作でシンプルな点も特長です。
誰でもすぐに操作できるので、時間や労力をかけずに導入できます。

初めてシステムを導入する方、小規模経営のためできるだけコストや手間をかけずに始めたい方におすすめです。

STORES予約

STORES 予約(旧Coubic)

STORES 予約(旧Coubic)

STORES予約は、LINE提携が可能なこと、メルマガやDM機能が簡単に使えるのが特長です。

レストラン向けテンプレートがあるので、初めて導入する飲食店の方でも迷うことなく始められ、注文したいメニュー、時間を営業時間内から選択できるなどカスタマイズ性も高いです。

オプションも充実しており目的に合わせて内容を設定することができます。
すぐに始めたい、使いたい機能がある方におすすめです。

Airリザーブ

airreserve

Airリザーブ

Airリザーブは、電話からネットまで予約情報が一元管理できます。
また、利用店舗数NO.1のPOSレジアプリ「Airレジ」と連携できるのも特長です。

初期費用0円でキャッシュレス導入を実現し、専用のカードリーダー1台でクレジットや交通系電子マネーと、さまざまな決済手段に対応できます。

ベーシックプランでは、来店時のヒアリングを予約時に入力してもらう予約フォームやキャンセル防止のリマインダーメール配信など、小さな店舗ならこれだけで十分対応できる機能が兼ね揃えられています。

TableCheck

TableCheck
TableCheck

TableCheckは、テイクアウト受付からデリバリー対応、前売り応援プランなど、プランが充実した予約システムです。

また、国内外の25店舗のグルメサイトとの連携、リンク発行による予約ページの提供といった、他社にはない機能も充実しています。

予約のキャンセル防止、会計のキャッシュレス対応を手軽に導入したい方におすすめです。

RESERVA Reservation

RESERVA Reservation

RESERVA Reservation

RESERVA Reservationの魅力は操作が簡単で、導入から3分で利用が可能な点です。
350以上もの業種に対応し、20万社の企業に選ばれています。

どんな業種にも使いやすいシンプルさと、高いカスタマイズを可能にする機能の充実さを兼ね揃えたシステムです。

オンライン決済機能や自動メールはもちろん、予約のキャンセルが出たら次のお客様に自動メールを通知するキャンセル待ち機能まで揃っています。

まとめ

飲食店にとって、予約システムはなくてはならないものになりつつあります。

今までの予約体制を保ったままシステムを導入するのは手間を感じますが、今回紹介したような予約システムであれば、導入にかかるコストや時間を最小限に抑えた上で始められます。

ハイスペックのものは使い方に多様性があり魅力的ですが、コストや導入にかかる時間がかさんでしまいがちであるため、初めて利用する方や人手の少ない店舗ではシンプルなものから始めるのがおすすめです。