クラウド型予約システム徹底比較

体験教室向けおすすめの予約システム3選!

公開日:2022.01.20 更新日:2022.05.27
体験教室向けおすすめの予約システム3選!

体験教室では、先生がレッスンなどの専門的な業務に加えて、事務作業などの顧客管理や教室運営業務なども一人で行なっていることが多いです。電話や対面などで予約の受付対応をするのに、時間や手間が取られているというケースも多いのではないでしょうか。そこで、メインの業務に集中し予約・顧客管理を効率よく行うために、必須の予約システムについてリサーチしました。おすすめの予約システムの詳細や特徴をお伝えします。

 

体験教室で予約システムを導入するメリット

様々なレッスンを行なっているスクール、体験教室では、オンラインで使える予約システムがおすすめです。予約システムが利用できることにより、先生側、生徒側それぞれにどのようなメリットがあるのでしょうか。

さらに、予約システムといっても、単に「予約をする」だけが目的ではありません。様々な機能を活用すれば、顧客管理などの業務も一元管理でき、教室運営がスムーズになります。

先生と生徒それぞれにとってのメリットとは、具体的に詳しく見て行きましょう。

先生側のメリット

従来の電話受付やメール対応、対面などで、個別に予約対応をしていると手間や時間がかかってしまいます。しかし、予約システムを導入し、自動的に予約管理できることで、事務作業がかなり短縮できます。そのうえ、予約受付だけでなく、リマインドメールなどの機能により、自動的に生徒一人一人への手厚い対応ができます。

予約システムは、顧客管理機能も備わっているものが多いです。予約システムと一緒に顧客カルテも管理できるため、より効率よく情報がまとめられます。

個々の顧客への対応がより細かく出来るため、リピート率が上がる、お客様の紹介率が上がるなど教室にとって利益に繋がります。

また、予約実績の分析、比較などができるツールが搭載されている予約システムも多数あります。曜日ごと、時間帯ごとなどの申込者数、男女や年齢別でのデータなど、これまで漠然と捉えていたものが数値として確認できることにより、予約者全体の動きを把握することができます。さらにこの把握したデータを今後の教室運営にレッスン内容などに活かすことができ、顧客満足度が上がり結果的に売り上げアップにつながるでしょう。

生徒側のメリット

予約システムは、基本的にはオンラインで24時間予約を受け付けできます。仕事や学校で忙しい方も、空いた時間や遅い時間などに気軽に予約ができます。これは営業時間内に教室に連絡できずに、予約ができないという問題を解消してくれます。

また、初めて訪れる体験教室に電話や対面で問い合わせるのは緊張する、抵抗があるという方にとっても大きなメリットになります。人と喋らずに自分のペースでスマホやパソコンで簡単に予約できるのはハードルが下がり、予約しやすくなります。

予約内容をシステム上やメールなどに履歴が残せるため、スケジュール管理にも役立ちます。

 

体験教室向けの予約システムの選び方

予約システムに魅力を感じても、巷には様々なシステムが提供されており、どれを導入すべきか迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。どんなポイントをチェックすべきか、教室目線はもちろん、利用者である生徒目線でも考え、よりよいシステムを選びましょう。

選び方のポイントをいくつかご紹介します。

教室側の管理のしやすさ

これから予約システムを導入しようと思っている教室にとっては、教室側の導入手順や操作のしやすさが最も重要な点ではないでしょうか。何か新しいものを取り入れるとなると、覚えなければならない、使いこなさなければならないとプレッシャーを感じてしまう先生やスタッフの方もいらっしゃるでしょう。そこで、パソコン初心者でも使いやすく、直感的に操作できるシンプルなものがおすすめです。

パソコンやそのシステム操作に慣れていて、自身で細かく設定やカスタマイズができるものが合っている場合は、自由に項目やオプションなどを設定、管理できるものを選ぶとよいでしょう。教室の特色や使う人(先生や事務員など)によって求めるものは異なります。自分たちの教室運営にとって最適なものを選びましょう。

生徒側の使いやすさ

生徒側にとっても、シンプルで項目を選択しやすい予約システムが使いやすいでしょう。生徒側からすると、レッスン・コースの選択、日時の選択の二つが重要なポイントです。選択する項目、ボタンなどが複雑でわかりにくいと、予約の段階で諦めてしまう場合もあるでしょう。この選択がスムーズにでき、煩わしくないものが使いやすいのです。

また、使いやすさでいうと、利用可能端末が幅広いとあらゆる生徒さんに対応できます。パソコンのブラウザでしか利用できない、スマホしか利用できない、パソコンがないと見られないなど、制限があると多くの生徒さんを受け入れることが難しくなります。

ストレスなく、簡単に使える予約システムであれば、生徒さんの満足度が上がり、リピーターになるでしょう。

 

体験教室向けの予約システムの必須機能

予約システムには様々な機能があります。無料のお試しプランから、各種オプションがある有料プランなど、予約システムの種類は数多くあります。そんな中で、体験教室向けの予約システムにおいて最低限備えておいてほしい機能について取り上げました。

教室にとって、お客様である生徒さんにとって、どんな機能があると便利なのかをチェックしておきましょう。

確実な予約と来店のためのサポート

予約時に日時を選択するだけでなく、細かいコース選択ができたり、任意での要望、アンケートなども記入したりすることができるフォームがあると事前の準備がスムーズになります。生徒側も、しっかりと要望を伝えることで、来店へのモチベーションや安心感にもつながるでしょう。

さらに、キャンセル待ち予約の受付サービスがあれば、万が一予約のキャンセルがあっても、すぐに次の人の来店を促すことができます。先生が自分でスケジュール管理をしなければならないと、かなりの手間がかかるものです。しかし、予約システムでキャンセル待ちの方への振り替えも自動で対応してもらえると先生側の業務はかなり楽になります。

そして、予約システムではオンラインからの予約だけでなく、電話や対面での予約も一元管理できるとさらに使い勝手がいいです。予約は全てシステムで対応とするのは教室側にとっては業務がとても楽になります。しかし、生徒さんの中には年配の方でスマホやパソコンを使うのが苦手という方や、電話や対面での予約がいいという方もいらっしゃいます。

そんな方にも対応しつつ、予約システムでまとめて管理しておけば、予約のミスや漏れが防げます。予約システムの中に、電話や対面での予約内容も追記し、まとめて管理できると便利です。

また、教室にとって一番困るのが予約しているのに無断でキャンセルされてしまうことです。そんな事態を防ぐためにも、予約前日などのリマインドメール、来店のお礼メールなどのサポートが自動的に行われると助かります。特に、初めていらっしゃるお客様は不安を感じているかもしれません。

予約システムで手厚いサポートが、自動でできると教室の負担も減ります。さらに、ドタキャン対策として事前のオンライン決済に対応していると教室側としては安心できます。各種クレジットカードに対応していれば、生徒さんも使いやすいでしょう。自宅にいながら、予約申し込みをし、料金支払いまで済ませられれば、当日の体験もスムーズに行えます。

顧客管理機能

予約システムは、予約だけではなく、顧客管理機能も備えているものが多くあります。数多くあるシステムの中で、どんな情報管理システムが必要かを考え、それに合ったものを導入するとよいでしょう。

予約時に、これまでの来店の履歴、生徒情報などが確認できるものだと対応がスムーズになります。定期的にいらっしゃる生徒、リピーターなど、そのほか生徒の基本情報(性別、年代、都道府県、会員状況)、レッスン予約回数、イベント予約回数などがデータ確認できると便利です。定期的に通う会員には、月謝の回収サービスも連動されていると、料金プランごとに毎月の月謝支払いも管理でき教室運営がしやすくなります。

さらに、休眠顧客や特定の顧客へのメールマガジンの配信システムなどがあると、再度の体験予約を促すこともできます。

総合的な顧客管理も一元化して、教室運営を効率的に行いましょう。

まずは、予約管理システムで一番どんなことをしたいのか、優先順位を付けておくといいでしょう。

 

おすすめの体験教室向け予約システム3選

予約システムが数多く存在する中で、体験教室向けの予約システムを独自の視点で3つ選びました。

どんな特徴があるのか、料金プランはどうなっているのか、比較してみましょう。ご自身のスクール、教室に合っているシステムはどれか比較検討してみてください。

RESERVA Reservation(レゼルバリザベーション)

RESERVA Reservation

RESARVA Reservationは、体験型レクリエーションに特化した予約システムです。さまざまな体験に対応しており、予約管理を自動化しています。体験予約と同時に備品なども一緒に予約できるので、任意で教材やウェアなどを購入してもらうタイプの教室でも使いやすいです。

また、時間帯によって異なる料金設定をして予約受付をすることも可能です。教室の時間帯や内容によって、異なる内容・料金の体験を行なっていても、簡単に設定が可能です。

RESERVAの特徴として、PC、スマホ、タブレットの全てに対応していることが挙げられます。iPhone、Androidの両方に対応しているので操作性に優れています。予約しようと思ったのに、使いにくくて辞めてしまうという生徒さんたちを逃すことのないシステムとなっています。

このシステムは、多数の大手メディアでも取り上げられているので、先生も生徒も安心して利用できます。

料金プランは、細かく分かれており、0円から利用できます。

教室の規模や利用したいサービスに合わせて、月額料金が3,850円、5,500円、11,000円、22,000円、55,000円から選択できます。低額のプランから提供しているので、お試しで使ってみたい方、個人や小規模の教室でも気軽に使い始めることができます。

FreeLesson

FreeLesson

FreeLessonはスクール、教室に特化した予約システムです。予約システムには、様々な業種に対応したものもありますが、その場合スクールや教室運営の細かいニーズには十分に対応できないものもあります。

スクール、教室専門の予約システムなので、レッスン受講予約に特化した様々な機能、サービスがあります。例えば、スクールのカリキュラムの確認、複数校舎間の移動、月謝システムの管理、選択コースによる予約の制限などが挙げられます。また、教室運営においては、講師やスタッフの給与管理などの事務作業もありますが、それにも対応しています。

このようなスクール運営専門の予約システムを利用してみたい方にはFreeLessonがおすすめです。

まずは試してみたいという場合は、1ヶ月のトライアルプランがあります。月の予約件数100件までで無料でお試しできます。それが気に入れば、予約件数は無制限で様々な機能が使える月額プランに移行します。これは、初期費用が132,000円、月額費用が33,000円です。オプションで独自ドメイン+SSL利用月額5,500円、校舎追加は1校につき月額11,000円となります。大規模な教室、複数の校舎を運営するスクールなどは使い勝手がいいでしょう。

Reska(レスカ)

ResKa

予約管理システムとして、評価が高く信頼度が高いのがReskaです。様々な業種の予約管理に対応しており、日本コンシューマーリサーチによると「予約管理システム部門」で、三冠を達成しています。「経営者が選ぶ予約システム支持率」「経営者が選ぶ自社に導入したい予約管理システム」「工数削減が期待できる予約管理システム」で1位を獲得しており、多くの経営者からの支持を得ていることがわかります。セキュリティの高さも信頼できる理由です。

予約管理はもちろん、顧客管理もまとめて行えますが、複雑ではなく使いやすいのが特徴です。直感的で効率的な予約システムは、先生側・生徒側どちらにとっても操作しやすいものとなっています。シンプルなので、初めて使う方でもわかりやすいのが特徴です。また、項目を自由に設定することもできるので、どんなスクールでも自分たちが使いやすいようにカスタマイズできます。予約と同時に顧客情報も管理されるので教室運営の手間が省けます。

複数店舗の管理については、店舗ごとの設定が可能なので、複数校舎があり、様々なレッスン、コースのあるスクール、教室でも対応できます。

トライアルは無料で、有料プランは3つに分かれています。Aプランは月額27,500円(スタッフ数1~3名用)、Bプランは月額33,000円(スタッフ数4~10名用)、Cプランは44,000円~(スタッフ数11名~)です。シンプルに、スタッフ数=スタッフアカウント数でプランを選べるので、複雑なプラン設定の中で迷うこともありません。無料トライルでは、1ヶ月間機能制限なしで試せるので、じっくり検討できます。

ここでは特におすすめの予約システムを3つ取り上げましたが、他のシステムとも比較したい方は以下の情報もご確認ください。

 

あると嬉しい注目のポイント

予約システムの必須機能の他に、教室によってはあると便利なサービスやオプションについてご紹介します。予約システムを導入するなら細部までこだわりたい、納得いくまでじっくり比較検討したい方はチェックしてみましょう。

デザイン性

予約システムによっては、システムのカラーやデザインを選べるものもあります。特にデザインにはこだわらず、シンプルで見やすければいいとお考えであれば、チェックしなくてもよいでしょう。しかし、機能面だけでなく、デザイン性も重視したい方はデザインのカスタマイズができるのかも確認しておくとよいです。

例えば、教室のロゴやイメージカラーと予約システムのカラーを合わせると、一貫性があり、教室を印象付ける効果があるでしょう。また、優しいイメージ、クールなイメージ、ポップなイメージなど予約システム全体や字体を変えられるシステムだと、さらにこだわったページが作れます。

様々なお客様のニーズを受け入れる

教室によっては、外国人のお客様を多く受け入れているところもあるでしょう。その場合は、外国語対応ができる予約システムだと生徒側にとって使いやすくなります。多様化する社会の幅広いニーズに応えられることは強みになります。また、現在は外国人のお客様を意識していなくとも、将来的には、インバウンド需要も取り込みたいと考えているのならば、今のうちからグローバルに対応できるようにしておくとよいです。

さらに、予約時のオンライン決済機能も教室によっては重宝するでしょう。多くの主要クレジットカードの使用が可能か、その他キャッシュレス決済にも対応しているか、オンライン決済機能の内容もおさえておくとよいです。