この記事をシェアする

ホットペッパービューティー以外で予約システムが必要な理由

ホットペッパービューティーは24時間予約をでき、お客様側からしても、店側としても便利な予約システムです。しかしながら、その1つしか使わないということでデメリットがあるようです。それは何なのか、また、予約システムをどう準備すればいいのか見てみましょう。

予約が被る可能性がある

デメリットの1つとして予約が被る可能性があります。ホットペッパービューティーでは例えば店のホームページの予約システムやパソコンの内に保存している予約管理表とは連動していません。ホットペッパービューティー内ではこちらが設定した予約数は超えるような予約の受付はしないですし、予約時間が他のお客様と被ってどちらかをキャンセルしないといけないということもありません。

しかし、例えば朝、出勤して画面を予約を確認すると、店の電話等で予約を受け付けしたお客様と被っていて、施術メニューを考えると厳しい、ということがありえます。こういったことを防ぐためには、予約可能な席数だけでなく、施術メニューの時間や手間も合わせて考え、ホットペッパービューティとそれ以外の予約をしっかり管理して行くことが必要になります。

電話予約がしにくい

デメリットの2つ目は、電話予約がしにくいことです。そもそもホットペッパービューティーを導入するお店の狙いとしてあるのが、電話対応の時間を減らし、営業時間内は店内のお客様へのサービスをしっかりしたいということがあります。

電話対応の時間が増えると、その分お客様を待たせることも増えてしまう可能性があります。こういったことはリクルートの営業の方も店側に売り文句にしているようです。

また、サイトを見てみると、ネット予約がしやすくわかりやすくしている一方で、電話予約はネット予約よりもやや手間がかかるようです。最近では電話番号をタッチすると、電話がかけられるようになっていることも多いですが、ホットペッパービューティーではすぐにかけられないようになっています。

さらに電話予約ではポイントが付かないといったことも注意書きに書かれています。電話予約が全くできないわけではないですが、クーポンや割引メニューの利用のしやすさ、ポイントを考えると、ネット予約の方が需要があります。

自社のHPなどほかの予約システムに誘導すると良い

では、ホットペッパービューティー以外の予約システムをどう準備したらいいのかというと、自社ホームページやブログなど、自社でもっている予約システムに誘導するようにすると良いです。ホットペッパービューティーの自社紹介欄の1部には店の住所や電話番号とHPのリンクがつけることができます。

新しいサロンを探している人はその店がどういうスタッフがいて、通常どのようなサービスをしているのかなど、情報をみるためにリンク先も確認する人も少なくはありません。リンクをHPトップにするのもいいですが、例えば店の紹介やこだわりなど、アピールするページに設定し、さらにそのまま予約ページにいけるような構成にしておくと、自社の予約システムからの予約を促すことにも繋がりやすいです。

まとめ

ホットペッパービューティーにはメリットももちろんあります。実際に新規のお客様が増えた、営業時間中負担が減ったという声もあります。しかし、予約が被る可能性、電話の予約がしにくくなっていることは一部のお客様にも不便さを感じさせることにもなっているかもしれません。そういったことを解決する為にも、ホットペッパービューティー以外の予約システムも準備することをお勧めします。